家庭教師と塾講師

家庭教師と塾講師は人に勉強を教える仕事です。
しかし、その中味を比較してみると似ているところもあれば違うところもあります。
では、実際にこの2つを比較してみましょう。
収入面については、家庭教師が時給2000円ほど。
これに対して塾講師は時給1000円から3000円と指導方法によって差が出てきます。
ただし、家庭教師の場合は残業もほぼありませんから収入は働いたそのままの額になります。
これに対して塾講師は残業が出る場合もあります。
ただし、サービス残業になることも多く結果として大きく時給が下がる場合もあるのです。

やりがいの面についてですが、家庭教師は一人の生徒の面倒をみるわけですから、その分やるべきことも多く、学校でついていけなかった勉強の面倒を見て成績をアップさせてあげなくてはなりません。
また、コミュニケーションを深め、信頼関係も築いてあげなくてはなりません。
塾講師は全ての生徒と深くコミュニケーションを取ることを求められない代わりに、受け持つ生徒の数が多く、その全てにしっかりと勉強を理解してもらう必要があるのです。
こうしたことからどちらの仕事もやりがいにおいては同じであると言えるわけです。

どちらがいいかという点についてですが、これは正直優越がつけがたいところがあります。
結局のところ、自分でどの点を優先させるかによって決まってきますから、1つ一番に優先させたいところを見極めてどちらにするかを決めるといいでしょう。

以下のページで更に詳しく解説します。